logo


わたくしのりれきしょ

 

 

私の馬履歴書 Vol.2
~ウマに乗り始めた頃の思い出~

 

≪まずは“あとがきみたいなもの”から抜粋です≫

 

 “乗馬クラブのインストさんは、初心者の気持ちをわかってくれない”とか

“その人が初心者だったころを忘れている”というような話をたまに

耳にするのですが、アッシは趣味で馬に乗り出したのが、

忘れもしない2002年の文化の日なんです。アッシ位の歳になったら、

14年前なんて最近のことですよ、なので当時の気持ちや、

やっていたことはよく覚えています。

 例えば最初思ったのは、

“馬の背中は高いなぁ~、騎乗料も高いなぁ~”とか

“カケアシ、いっぱいやりたいのに、馬場では、ちょっとしか

やってくれないなぁ~”とか、“オートマティックな馬がいいなぁ~”とかとか。

そんな考えから、クラブを変え、エンデュランスをやりだすことによって、

考え方もだんだん変わっていったわけですが、そんな変化を察していただけると、

恥をさらしながら書いた甲斐があったというもんです。

 

      Vol.1へ  Vol.3へ  Vol.4へ


 

 乗馬を始めた頃の思い出 11

     ~ “ 鞍数 考 ” 前編 ~

         2016年3月2日だいあり~より

 

  乗馬を趣味にしようと思って、ある乗馬クラブに

 入会したわけなんですが、その時説明を受けましたョ

 “乗馬では、1レッスン受けることをひと鞍乗ると、

 いいます。ひと鞍は45分間です。鞍数を重ねることで、

 このようにステップアップしていきますョ”と、

 チャート表みたいなものを見せてもらいました。

 “個人差はありますが、○○~××鞍ぐらいだと、

 △△クラスになってその時は☆級を受けて…”

 とかなんとか言われて。なんだかわからんけど、

 自動車運転免許の教習所みたいだなぁ~って、

 その時思ったモンです。

 3級とったら、仮免と同じかな?とかね、あはは。

 そしてバリバリの体育会系のアッシは思いましたよ、

 こりゃぁ~気合入れて鞍数をこなしていかないとッ!

 まぁ~これが間違いの始まりだったわけですがね。

 

  ところで、その時は気がつかなかったのですが、

 少し経ってから、ふと思い当たったんです、

 “じゃぁ~、鞍の数はどーやって数えるのかなぁ~?”

 みなさんは、ご存知ですよねぇ~???

  

 

 乗馬を始めた頃の思い出 12

      ~ “ 鞍数 考 ” 中編 ~

         2016年3月3日だいあり~より

 

  高校の授業は1コマ=50分間とか、大学は

 90分間とかは、文科省が決めているのでしょうか?

 一方、乗馬クラブの1鞍は45分間とか、30分間とか、

 各クラブが勝手に決めていますよ。

 学校の授業は、なるべく短いほうがいいなぁ~って、

 学生の頃は常々思っていたんですが、

 乗馬の1鞍はなるべく長い時間のほうがいいなぁ~って、

 あの頃は思っていたモンですョ

  なんでもいいから、

 ウマに跨っていればシアワセだぁーッ!

 って感じでして、

 ナン鞍でも乗れたような気がしてました。

 

  今では、やっぱ1鞍=45分間程度がいいのかな、と。

 ウマもヒトも、そのくらいが緊張感が続く適度な時間、

 かつ面白さが感じられるちょうどいい時間、

 そんな感じかなと思っています、と、いうか、アッシは、

 45分間乗ったら、その馬に対しては

 お腹イッパイになります、

 本音を言えば、30分間がいいとこなんですョ

 

 

 乗馬を始めた頃の思い出 13

      ~ “ 鞍数 考 ” 後編 ~

         2016年3月4日だいあり~より

 

 まずは前日・前々日の復習なんですが、

 馬場で1回練習する単位は鞍で、

 鞍そのものを数える時の単位は、背(せ)ですよね。

 そして馬場での1レッスンは乗馬クラブごとに違って、

 45分間だったり、30分間だったり、短いところは

 20分間もあるようですが、共通の決まりはないんです。

 そして、ここからが今日のテーマですが、

   “鞍数もしくは騎乗時間と乗馬(技術)は

          比例もしくは相関関係にあるか?”

 アッシの答えは、どちらともいえない、ですな。

 ここが乗馬の難しいところで、他のスポーツ・習い事は、

 “練習量は嘘つかない”が、ほぼ当てはまりますよ。

 でも、乗馬は一概に当てはまらない、なぜか?

 それは、そこに馬がいるからなんだと、思っています。

 馬との共同作業が、乗馬なんですよね。

    馬に乗り始めた頃、

       そのことに全く気がついていませんでした。

 

  でも、練習しなきゃぁ~乗馬は上達しません、

  だとしたら、鞍数と乗馬技術は

  相関関係にはあるのかもしれませんね。

 

 

 乗馬を始めた頃の思い出 14

   ~ “ウマって駈歩、なんでやるの?” ~

         2016年3月7日だいあり~より

 

  エンデュランスをやってみようと思って入会した

 ふたつ目の乗馬クラブで、アッシの担当スタッフさん

 から、こうやって質問されたんですョ。アッシに

 エンデュランスを教えてくれた先生です。なんでかと

 いうと、馬場で乗っている時、その馬が駈歩発進

 しなかったんですよ。で、アッシは以前教わったとおり

 答えましたよ、

 “乗り手が駈歩の合図を出すからだと

 思うんですが・・・”即座に、×でした。先生が言うには、

 “馬が自分で、駈歩をしようと頭で考えるから、そして、

 身体にその信号を送るから、馬の身体が駈歩するん

 でしょ?馬がそういう気持にならない限り、そうしないん

 ですよ、合図はそのきっかけを働きかけることじゃぁ~

 ないですか。

 さっきから見ていると、常歩も速歩の時も、ライダーと

 馬の気持が、全然一致していないじゃぁ~ないです

 かッ!”って。

 (つまり、馬とライダー間でコミュニケーションが出来

 ておらず馬がライダーに対し聞く耳を持っていない)

 

  前のクラブでは、馬が駈歩発進をしないのは、

 ライダーの乗り方、つまり扶助の出し方や姿勢や

 バランスが悪いからだと、言われていました。

 この説明もある場合にはあてはまるのですが、

 通常の初心者が乗るレッスン馬は、高等馬術をやる

 馬のようには繊細ではないですよ。

  それに外乗だと、多少バランスや姿勢が狂って

 いても、そして、合図さえもしなくても、

 だいたい駈歩発進するでしょ?

 (ただ、馬場外で馬が駈歩しやすい理由は、

 ライダーとの関係ではなく、他の要因の場合が多い)

 

  駈歩発進の合図は、外方脚をつけて(又は引いて)

 ゼッコ(又は内方脚で圧迫)なのですが、

 その動作自体はそんなに難しくはないです。

 (でも、何故外方脚をつける又は引くか、

 考えたことありますか?)

 

  乗馬は、例えばPCで文字入力する時、

 shiftキーを押しながら4を押すと必ず$になるのとは、

 訳が違うと言うことですよね、そうなんですよ、

 馬は機械じゃなくて動物なんですよね。

 

 乗馬を始めた頃の思い出 15

  ~ “グループ・レッスンの功罪・前編” ~

         2016年3月12日だいあり~より

 

  “グループ”→“部班”と、

 当時の方は西洋式馬術用語を翻訳したんですね。

 アッシが初めて乗馬を習ったクラブも、

 部班レッスンでした。

 ここにご来場いただくお客様からたまに言われるの

 ですが、そしてアッシも思っていたのですが、

 部班練習なので、“つまらない”とか“上達しない”

 とかとか。一番多いのが、他の人馬がこじれると、

 その後全然練習にならないってことなんですがね、

 それらは本質的な事とは、ちょっと違うかと思うの

 ですが、それはともかく。部班練習に限らず何事にも、

 良い面も悪い面もあると思うんですよ。

 

  今日は良い面です。

 ライダーの最低限の基本的動作(姿勢・バランス・

 扶助等)が確立する前は、インストラクターさんの

 サポートを受けながらそして馬は前の馬について

 行こうとする習性を利用しながら部班練習をする

 ほうが上達すると思うんです。なぜなら、

 基本的動作を習得しながら、ひとりで馬をコントロール

 するのは、とても難しいことだと思うんですよ。

 なので、馬のコントロールを気にせず、

 ライダー自身の事だけに集中でき易い、部班練習は

 そういう意味で、すぐれていると思うんです。

 

 

 乗馬を始めた頃の思い出 16

  ~ “グループ・レッスンの功罪・後編” ~

         2016年3月13日だいあり~より

 

  ということで、“部班練習”=“グループレッスン”

 なのですが、ややもすると、

 “部班練習”=“数珠繋ぎ練習”になりがちで、

 それはそれでしょうがないのですが、弊害もあります。

 まずは、インストラクターさんが一人馬に

 係わっていられないということですね。だから、

 端折ったアドバイスしかできなくなりますよね、

 例えば、バランスが悪いとか・・・

  それから、これ、本質的なことなんですが、

 ライダーと馬との関係が二の次三の次になること

 ですよね。たとえば、

 馬がどうしてそうなっているのか?とかとか。

 昨日も書いたとおり、初期段階の部班練習は、

 馬との関係を抜きにした、ライダーのことのみの

 練習なわけですな。

 なので、この段階で各個乗りをすると、

 “馬が全然いうことを聞いてくれなぁ~いッ!”

                       ってことに。

  でも、部班運動も段階が上がれば、それはそれで

 技術も上がり楽しい練習になりますョ、例えば、

 カドリールですね。要するにグループで運動するの

 ですが、そのグループとは、各個乗りの集合だという

 ことですよね。

  そういう、難しぃ~い部班練習を経験させてもらった

 ことがその後あるので、そのうち、書きますね。

 

 

 乗馬を始めた頃の思い出 17

  ~ “乗馬は乗る前から始まっている” ~

         2016年3月16日だいあり~より

 

  アッシが入会した二つ目の乗馬クラブでは、

 エンデュランスの先生から、一人で乗ってくれと

 言われました。やることは、“サークル(輪乗り)で

 巻き乗りをいれながら、両手前で

 常歩→速歩→駈歩をして、

 うまくいったら教えてください”と。

   わからないことがあったら、

       いつでも聞いてくださいって。

 

  そんなこといったって、そりゃぁ~、うまくいかない

 ですよ。で、駈歩の巻き乗りがうまくいかない時、

 そこで見ていた先生に聞いたんです。そしたら、

 “速歩の巻き乗りは出来ましたか?”って。

 アッシは“???…”ですよ、で、やってみろと

 言われてやってみたら、(出来てると思っていま

 したよ、アッシは)、ダメダメダメですよ、

 軌道が50センチもズレているって。

  それから、常歩でやってみろと言われて、やって

 みたら、また、バツバツバツ。“馬が全然ライダーに

 聞く耳を持っていないでしょッ!” で、

 その前のまたがる時は?馬場まで引いてくる時は?

 馬装の時は?手入れの時は?馬房から出す時は?

 その時々馬がどうだったか、思い出してください!

 って、ね。馬とライダーとのやり取りは、馬房から

 馬を連れてくる時から始まっているんだよ って。

 

 前段階でできないことはその次に進んでも出来ない、

 つまり、たとえば、常歩で出来ないことは

 速歩でも出来ないし、速歩で出来ないことは

 駈歩でも・・・ って、教わりました。

 

 

 乗馬を始めた頃の思い出 18

  ~ “○○ができるとかできないとか” ~

         2016年3月19日だいあり~より

 

  最初の乗馬クラブで、ちょっと駈歩を習い始めた頃に

 思ったんですが、常歩→速歩→駈歩とできるように

 なったら、次は、ナニを習うのだろうかなぁ~?って。

 日頃、お客様とお話ししていても、速歩や駈歩は

 できるとかできないとか、そんな感じなんですが、

 では、常歩ができるとか、停止ができるとか

 不動ができるとか、後退ができるとか、、、そんな話は、

 まるっきり出てこないですし、アッシも乗り出した頃は、

 思ってもみなかったんです。

  (乗馬で“ナニナニができる”という時の“出来る”と

    いう定義は、ここでは議論しませんよ、

    うまく説明するのは難しいんです)

 

  で、二つ目のクラブに行ってからの話なんですが、

 駈歩から速歩への移行がうまくいかないんで、馬場で

 乗っている時、 エンデュランスの先生にどうしたら

 いいか聞いたんです、そしたら、

 “速歩→常歩にしてみてください、はい、駄目ですね、

 常歩から停止してください、はい全然駄目ですね、

 そんじゃぁ後退させてください、

 はい、全くダメダメですネッ!”って。

 手綱を引っ張って減速させたり止めたり、

 後退させているって指摘されて。 

  アッシは、”だって、そう教わったんだもんッ!”とは

 言いませんでしたがね。

   合図で馬の頭に働きかけなさい、

   またまたそう教わったんですョ

 

 

 乗馬を始めた頃の思い出 19

    ~ “馬がするのか?

         馬にさせるのか?” ~

         2016年3月21日だいあり~より

 

  皆さんはウラホリの時の肢上げ、どうやってますか?

 アッシは一つ目の乗馬クラブで教わったんです、

 “馬の左側にかがんで、このへん(つなぎや腱の

 あたり)をグリグリとやって馬の肢を上げさせて

   …もし上げなかったら、自分の肩で馬をグイッと

   押して…”ってね。で、二つ目のクラブでも

 そーやったら、一発でNGですよ。

 エンデュランスの先生から、

 “馬がやるまで待ってやってください、今、上げようと

 している肢に体重がかかっているから、馬は上げられ

 ないんですよ、 馬が肢上げの合図が分かれば、

 体重移動を自らして、その後肢をあげるから、

 それまで待ってください。待ってやるのは、

 手入れの時も引く時も乗る時も、いつも同じですよ。

 

  馬を物理的な力、例えばバコバコ蹴ったり

 グイグイ引っ張ったり、力で強制するのは、たとえば、

 無理やり女性をデートに連れ出すようなもんで、

 そんなのは、デートに行けたとしても、

 ぜんぜ~ん面白くないでしょ?

 

  馬との関係も全く一緒ですよ、

 お互いの意見が一致して、

 馬が自らすすんで、そして楽しんでやるように、

 そんな関係を作っていってくださいね”って、ね。

 

  その時は、そーかーなるほどね、でも難しいなぁ~と

 思った程度でしたが、今では、例えば

 “あの人は馬を動かせるね”とか、動かせないとか、

 そんな言い方はに違和感を感じ、

 そして、いやな言い回しだなぁ~と思っています。

 

 

 乗馬を始めた頃の思い出 20

    ~ “蹄跡もサークルも

          馬場外も一緒です” ~

         2016年3月22日だいあり~より

 

  エンデュランスをやっていきたいと、二つ目の

 クラブで表明してから、それまで長方形の蹄跡を

 使って乗っていたのが、サークル(輪乗り)運動に

 変えてくださいと、先生から言われました。

 “僕は蹄跡でしか乗ったことがないんです”って

 言ったら、“えッ?蹄跡?蹄跡ってどこだか知って

 いますか?今までは柵沿いを乗っていただけ

 でしょ?”って。アッシはトホホですよ。

  先生曰く“柵沿いでは、馬がどこに進んでいるのか、

 正確にはわかりにくいんですよ、サークルなら、

 左右にぶれる可能性があるから、馬のヨレがわかりや

 すいし、内方姿勢やリード(手前)をはっきり意識し

 やすいので馬をより正確に感じやすいですよ、

 なので、サークルで乗ってください。”って。

  さらに“馬の両足の幅って数十㌢ですよね、なので、

 サークルの蹄跡の幅はせいぜい1mに収めてくださ

 いね、その幅を目指してください、ただし、馬を固めて

 乗って結果1m以内じゃぁ~だめですよ。”

  さらに追い打ちで、“どこで乗っても、同じ意識・

 姿勢・扶助で、つまり馬場内でも馬場外でも、

 同じように乗ってくださいネッ!”って。

 アッシは思いましたよ、なんだかこむずかしいなぁ~ …アッシは、パカパカと楽しく外で乗れれば、

 それでいいんだけどなぁ~ッ”って。

   この日から、

    アッシのエンデュランスの日々が始まりました。

 

 

 

 

ご予約・お問合わせは、お気軽にどうぞ。

年間を通じ不定休です
お越しの際は
極力2日前までにご予約くださいませ

 

ご予約申し込み時には
①代表者のお名前
②人数
③騎乗月日・スタート時刻
④外乗時間(希望メニュー)
⑤送迎の有無(昼のお迎えは極力12:30~13:00の間でお願いします)
⑥カケアシの有無
⑦当日連絡用の携帯番号
を、お願いします。


ご予約は
原則2ヶ月前~2日前です

キャンセル料につきまして
当日・当地の悪天候の場合を除き
7日前から騎乗料の10%、
前日・当日は50%かかります。
予めご了承ください。


電話 0551-25-5798
夜間電話/FAX 0551-25-2253
携帯 080-1156-2571

 (携帯が一番繋がりやすいです)
Mail sunnyfield@ric.hi-ho.ne.jp 
住所
〒408-0201
山梨県北杜市明野町浅尾5259-1298

 

 

法令に基づく第一種動物取扱業者の
掲載事項事業所の名称
SUNNY FIELD in AKENO HORSE FARM
(サニーフィールド)

事業所の所在
山梨県北杜市明野町浅尾5259-1298

動物取扱業登録番号 
展示 山梨県第2061029号 

登録日 平成19年3月14日 有効期間の末日 
    平成29年3月13日

動物取扱業登録番号 保管 山梨県第2101118号 

登録日 平成22年10月4日 
有効期間の末日 平成27年10月3日

動物取扱責任者 福田 晋